やっぱりけん玉が好き

惰性とボケ防止でブログを続けています

ヒリヒリ

国家首脳のような方が紛争地域に訪問するときは

安全管理上、極秘でマスコミも報道を控えるのに

日本のマスコミはお金のために平気で報道するところに

信用が出来ない今日この頃、

あなたは烏賊がお好きでしょうか。

 

WBC準決勝、負けても仕方ないと思ってみてましたが

勝ててよかったというかよく勝てたと感動しました。

 

自分的に分析すると

・日本もメキシコもつまらないミスがなかったのが凄い。

・栗山監督の采配がびったりで凄かった。

①吉田選手4番がズバリハマった。

②源田選手への3バント→下位打線で貴重な1点ゲット

③周東選手の起用時期

・大勢投手が踏ん張ってくれた。

(もしもう一人ランナー出していたらあのアロサレーナ)

 

あとMVPは吉田選手ですね。

相手投手の決め球をHRしたのもですが守備でも

メキシコのタイムリーヒットのあと、2塁ランナーを刺したのは

まじ助かったプレーだと思います。

 

 

9回の裏、この回始まる前に

一番キーになるバッターは打順から

村上選手と思ってました。

 

 

そこに大谷選手も吉田選手もしっかり繋ぐんだから凄い。

そして初球真ん中低めストレートを叩くもファール

振り切ったけど、少し不利遅れ気味。

テレビ「いいときの村上だったらとらえてもおかしくない球なんでチャンスあると思います」

 

僕「いいときなんか知るか、前の事なんか知らん」

 

今日3三振なんか関係ねぇ。不調なんか関係ねぇ

今だ、とにかく今だ 打て むらかみ

今打て!! 

 

と騒いでいたら娘が何事かと思いやってきて

呆れてみてました。

 

2球目、真ん中低めから落ちてボールになるスライダー。

調子が悪かったら、空振りする球を見送り。

 

おや? いい感じじゃない。

打てる、打てるぞ むらかみ

打ってくれ~

 

そして真ん中高めのストレートをぶっ叩く

娘の親をバカにした目も帳消しにした

さよならタイムリーヒット

野球に全く興味のない娘と一緒に喜べました。

 

これだけキツい試合の観戦は第2回WBC決勝以来。

ヒリヒリしました。

でもあと1試合ありますからね。

今日もなんとか勝ってほしいものです。

 

おはり